作品の感想

「タイピスト!」の感想。古くて新しい、かわいらしい映画

「タイピスト!」という映画を紹介します。この映画は、1950年代後半のフランスが舞台のフランス映画です。フランス映画といえばクリームブリュレのシーンが有名な「アメリ」が有名ですが、「アメリ」主人公役のオドレイ・トトゥと「スパニッシュアパートメント」という映画で共演しているロマン・デュリスが主人公のルイを演じています。物語は、ローズという田舎育ちの女の子が、親の決めた結婚の直前に都会へ働こうと家を出たことから始まります。彼女が就職しようとしたのが、保険屋のルイのオフィスです。彼女は秘書の面接を受けたのですが、経験のない彼女がアピールできるポイントといえば、父の営む雑貨店でこっそり練習していたタイプライターの早打ちくらいなものでした。他の候補が似たり寄ったりの女性たちばかりだったせいか、とりあえずルイはローズを1週間雇うことにします。ローズは紙が見当たらないときにとっさにメモをルイの手で取るなど秘書としてはいまいちで、ルイは彼女を雇い続ける条件として、タイプライターの早打ちコンテストで優勝することを提案します。ここでのルイのセリフ「ただ出場するんじゃない、勝つんだ」というセリフがなんとなく好きです。ルイの保険屋の目の前にオフィスを構える彼の親友からはいろいろ勘繰られていますが、ルイは単に彼女の才能を伸ばしてあげたいだけようです。そして、ローズを自宅に住みこませてまでタイピングの特訓の日々が始まります。タイプライターを2本指で打っていたのを10本指で打てるように矯正したり、体力をつけるために走り込みをさせたり。料理やマッサージまでしてあげて、ルイはローズの技術向上に必死です。それにしても、パソコンのタイピングが速く、正確にできることは現代人の私たちには必須の技能ですが、ずいぶん昔からあったものなのだなとちょっと不思議な感じがします。そして、特訓の成果がありローズは地方大会、全国大会、世界大会へと勝ち進んでいきます。その間、2人の間にいろんなことが起きますが、それは見てのお楽しみ。私が初めて見た時は全国大会のあたりだったのですが、すぐに引き込まれました。大会のシーンは見ていて楽しいです。なぜかというと、ファッションが素敵だからです。大会出場者の女性たちが着ている服はみんな柄はシンプルだけれど形が素敵で、現代のオフィスではとても着られないでけどいつか着てみたいとおもってしまうお洋服です。髪型もかわいらしいです。そして、音楽もいいです。常に素敵な音楽が流れている感じです。女子にはパリやニューヨークの風景が出てくるところも高ポイントかも。時代設定が昔で、ストーリーもシンプルでありながら、なぜか魅力的な大好きな映画です。