作品の感想

「ウインド・リバー」の感想。先住民居留地の闇を描く

2017年第70回カンヌ映画祭「ある視点」部門で監督賞を受賞した本作です。
監督はアクション映画「ボーダーライン」の脚本などを手掛けたシドニー・シェリダン。
出演は「ミッション・インポシブル」シリーズなどのジェレミー・レナー、「キャプテン・アメリカ」などのエリザベス・オルセン。
雄大な自然の広がるワイオミング州で起きた殺人事件を通じて、そこ生きる人々を描いています。
米国の田舎とそこで生きることがどのようなことかに興味がある人に向いていると思います。

作品情報

出演: ジェレミー・レナー, エリザベス・オルセン, ジョン・バーンサル
監督: テイラー・シェリダン

ストーリー&見どころ

厳寒の大自然に囲まれたアメリカ中西部ワイオミング州にあるネイティブアメリカンの保留地“ウインド・リバー”で見つかった少女の凍死体―。遺体の第一発見者であり地元のベテランハンターのコリー・ランバート(ジェレミー・レナー)は案内役として、単身派遣された新人FBI捜査官ジェーン・バナー(エリザベス・オルセン)の捜査に協力することに。 ジェーンは慣れない雪山の不安定な気候や隔離されたこの地で多くが未解決事件となる現状を思い知るも、 不審な死の糸口を掴んだコリーと共に捜査を続行する…。

アマゾンより

「ウインド・リバー」のネタバレなしの感想

米国中西部にあるワイオミング州のロッキー山脈の麓のウインドリバー居留地で狼などを駆除するハンターをしているランバート(ジェレミー・レナー)ですが、ある日、雪の中に薄着で倒れている少女の死体を見つけます。
検視の結果、暴行を受けた後に雪の中を何キロも走ったことで、肺の中が凍った事で死亡したことが解ります。
地元の警察は全員でも7人くらいしかいないので、政府に協力を求めますが、来たのは女性のFBI捜査官ジェーン(エリザベス・オルセン)一人でした。
そのためランバートが案内役をすることになります。地元の先住民たちはジェーンが聞いてもなかなか何も話してくれません。
そのためランバートが案内しながら、先住民たちに少しずつ聞き込みをします。




※ここからはネタバレありの感想になります。まだ見ていない人でネタバレはちょっと困るって方は見ないようにしてください。



「ウインド・リバー」のネタバレありの感想

ランバート自身も子供を亡くした後に先住民の妻と上手く行かなくなり家族と別居していることから、被害者遺族も少しずつ最近の被害者少女の事を話してくれます。
被害者の兄も自分の家で麻薬に溺れて生活していて、そこに生まれるとなんの望みも持てないことを話します。
遺族から少女が地元の資源開発企業の男性と交際していた事を聞いたので、ランバートたちが捜査していると、その男性も雪の中に埋められた遺体で発見されます。
そのためジェーンは地元警察とともに企業の宿舎に向かいますが、ランバートはその男性が発見された辺りを見に行きます。
地元企業の警備員達は、なぜか敵対的な態度で接してきて、そのため警察側も相手が上手く囲んで銃撃するつもりなのでは、となったため、
状況は緊迫しますが、ジェーンが連邦法を持ち出し、ここで第一に指揮する権限があるのは連邦捜査官である自分であることを説明し、その場を収めます。
そして宿舎のトレーラーハウスに聞き込みに行きます。
ランバートは狼などの感覚が鋭く丈夫である動物を仕留めるための装備を備えているので、それが活躍します。
アメリカの田舎なので、警備員達も拳銃やショットガンなどで武装しているので、警察のみでは武力ではかなわない状況です。
迫力ある銃撃戦ののち、真相が明かされますが、閉ざされた僻地で働くと様ざまなストレスが溜まりそうです。
先住民居留地では、殺人事件の被害者の統計すら作られていないという状況が今でも続いているそうです。