作品の感想

「アバウトタイム」の感想。ほっこりしたい時に

この映画は、とにかく観終わったあと、やさしい気持ちでいっぱいになる、ほっこりした映画です。

タイムスリップ系のお話なので、それが苦手な人にはちょっと向かないかもしれません。

結婚したいなと思っている女性におすすめです。
結婚式のシーンがあるのですが、もう幸せでいっぱいになります。
とにかくレイチェルマクアダムスが、ひたすら可愛いです。

主演のドーナルグリーソンは、ずば抜けてイケメンという訳でもなく、どちらかというと草食系男子です。現実にいそうなリアルな感じも、親近感が湧きます。笑

とにかくしあわせな気持ちになりたい時、この映画を観て欲しいです。

作品情報

出演: ドーナル・グリーソン, レイチェル・マクアダムス, ビル・ナイ, トム・ホランダー, マーゴット・ロビー
監督: リチャード・カーティス

ストーリー&見どころ

人生の宝物は生きてきた日々そのもの!
なにげない一日が、かけがえのない時間だったと気づくー。

イギリス南西部コーンウォールに住む青年ティムは、両親と妹、そして伯父の5人家族。どんな天気でも、海辺でピクニックを、週末は野外映画上映を楽しむ、風変りだけど仲良し家族。しかし、自分に自信のないティムは年頃になっても彼女ができずにいた。

そして迎えた21歳の誕生日、一家に生まれた男たちは代々タイムトラベル能力があることを父から知らされる。そんな能力に驚きつつも恋人ゲットのためにタイムトラベルを繰り返すようになる。

やがてティムは弁護士を目指してロンドンへ移り住み、チャーミングな女の子メアリーと出会い、恋に落ちる。ところが、タイムトラベルが引き起こす不運によって、二人の出会いはなかったことに。ティムは巧妙なタイムトラベルを重ねた末、ようやくメアリーの愛を勝ち取ることに成功する。

その後もタイムトラベルを続けて人とは違う人生を送るティムだったが、やがて重大なことに気がついていく。どんな家族にも起こる不幸や波風は、特殊能力を使っても回避することは不可能なのだと。そして、人生最大の選択を迫られるのだった…。

アマゾンより

「アバウトタイム」のネタバレなしの感想

この映画を見ると、とてもほっこりします。
毎日が当たり前にあること、それがいかに幸せか。1日1日を大切にしようと思います。

大切な人と一緒に居られることが、どんなに幸せか、それは恋人だけではなく、家族に対しても思います。
私はいつもこの映画を観たら、家族に連絡したくなります。笑

何気ない1日が、自分の気持ち次第で、素晴らしい1日になるということに気付きます。
そしてやはり結婚式のシーンが一番素敵です。
お父さんのスピーチも胸が熱くなります。

劇中の音楽も素晴らしいです。
料理を作る時や、仕事の帰り道にもつい聞いてしまいます。

毎日毎日が必ず楽しくなければいけないという訳ではないと思いますが、人生一度きり。
今という瞬間はもう無いし、人はいつ死ぬかわかりません。
だからこそ、出来るだけ良い人生を送りたい、そう思える映画です。




※ここからはネタバレありの感想になります。まだ見ていない人でネタバレはちょっと困るって方は見ないようにしてください。



「アバウトタイム」のネタバレありの感想

最初、主人公のドーナルグリーソン演じるティムが、レイチェルマクアダムス演じるメアリーと出会うシーンが好きです。

出会うきっかけは、目が不自由なスタッフで形成されているレストランで、部屋が真っ暗で何も見えないところで、2人は出会います。

なので、顔はお互いわからないまま、仲良くなっていき、お店を出てちゃんと話さないか、という流れになります。

ティムが先に店を出て、メアリーを待つのですが、そこで出てきたメアリーがもうとにかく可愛い!
天使だなと思います。
ただただレイチェルマクアダムスが可愛い、お気に入りのシーンです。

そしてもちろん次の大好きなシーンは、2人が一緒に住み始めてからの結婚式のシーンです。

晴れて付き合うことが出来た2人が、一緒に住み始めてのしあわせな毎日が、ステキな音楽とともに過ぎていきます。

そして、結婚式ではティムがかけたいと言っていた音楽とともに、真っ赤なドレスで登場するメアリー。
もう、なんて可愛いの!
もはや可愛すぎて泣けます。

土砂降りでとんでもない天候の結婚式になってしまいましたが、それすら愛おしいと感じられる2人になりたいと思います。

そして、最後の印象的なシーンはお父さんの死です。
ティムとお父さんはとても仲が良く、よく2人で卓球をしたり、書斎で一緒に本を読んだりします。

ある日、お父さんの癌が見つかり、お父さんはそれを受け止めています。
時間は戻さずに、自らの死を受け入れました。

そして、ティムとメアリーの間には3人目の子供を授かります。ですが、子供が生まれてから、生まれる前に戻ると、影響が出てしまうため、戻れなくなります。

ということは、お父さんにはもう会えなくなってしまう。その最後の日、ティムとお父さんが一緒に卓球をし、一緒に散歩に行きます。

もうそのシーンは毎回号泣です。

タイムトラベル系の映画で、お父さんは亡くなりますが、日常を大切にしようと思える素敵な映画です。