ファンタジー

ハリポタ好きに「ファンタビと黒い魔法使いの誕生」の感想

ファンタスティックビーストと黒い魔法使いの誕生

ハリーポッターシリーズを見ていた人にはかなりおすすめです。ファンタスティックビーストと黒い魔法使いの誕生ではハリーポッターシリーズには欠かせないアルバスダンブルドアが登場します。アルバスダンブルドアの昔の友人関係などがいろいろとわかり、昔のホグワーツ城や授業の様子も見られることがハリーポッターファンにとってはとてもうれしいです。また、ハリーポッターシリーズを見ていなくても、この映画は楽しむことができます。決闘シーンは迫力満点で、ファンタジーが好きな人にはとてもおすすめです。


※この感想は書いて頂いたものになります。書いてくださった方ありがとうございました。

作品情報

主演
監督 デビッド・イェーツ,キャサリン・ウォーターストン,ジュード・ロウ

ストーリー&見どころ

大ヒットファンタジー「ハリー・ポッター」シリーズの原作者J・K・ローリングが自ら脚本を担当し、同シリーズと同じ魔法ワールドを舞台に、魔法動物学者ニュート・スキャマンダーの冒険を描いた「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」から続く物語。アメリカからイギリスに戻ってきたニュートは、アメリカ合衆国魔法議会が捕らえた強大な魔法使いグリンデルバルドが逃げ出したことを知る。恩師のダンブルドアから特命を受け、パリに向かったニュートは、仲間の魔法生物たちとともにグリンデルバルドの行方を追う。前作に続きデビッド・イェーツ監督がメガホンをとり、ニュート役の主演エディ・レッドメインほかメインキャストが続投。若き日のダンブルドア役をジュード・ロウが演じる。

映画.comより

「ファンタスティックビーストと黒い魔法使いの誕生」のネタバレなしの感想

ファンタスティックビーストと黒い魔法使いの誕生を見て、とてもワクワクしました。前作よりも戦いのシーンが迫力があって、さらにとてもたくさんの呪文を使うことがファンにとってはたまりません。何をするにも呪文で済んでしまうあの世界観は、見ていて笑みがこぼれます。

また、ニュートスキャマンダーとその動物たちの関係がとても良く、見ていてほのぼのします。ニュートスキャマンダーを親のように信頼している動物たちが色々な場面で活躍し、可愛い姿を見せられる場面は見逃せません。何度でも見たくなるようなドキドキワクワクのファンタジー映画です。可愛い動物たち見たさでまた映画館に行きたくなる、とてもおもしろく迫力満点の映画だと思います。




※ここからはネタバレありの感想になります。まだ見ていない人でネタバレはちょっと困るって方は見ないようにしてください。



「ファンタスティックビーストと黒い魔法使いの誕生」のネタバレありの感想

最後の決戦で、ニュートスキャマンダーたちが一斉に地面に向けて使った呪文がとてもカッコよく、迫力がありました。全員で団結して敵を倒そうとする姿にとても見入ってしまいました。いつもはほんわかとして何を考えているのかわからないニュートスキャマンダーが、いざ戦う場面になると一変し、かっこいい姿を見せてくれます。この場面は本当に見逃せません。

また、動物たちのお世話をしている場面では、ニュートスキャマンダーが自ら水の中に入って動物のお世話をしたり、なだめたりと常に忙しく動き回る姿がとても見入ってしまいます。そして、なんといってもグリンデルバルトの行動には目が離せません。昔ダンブルドアと仲の良かったグリンデルバルトがなぜかのような事件を起こしたのか、そこが1番の見どころです。

印象に残っているシーンの1つ目はニュートスキャマンダーとアルバスダンブルドアの2人の場面です。アルバスダンブルドアがニュートスキャマンダーな事を頼むシーンは、2人の関係が伺えます。

2つ目はニュートスキャマンダーと動物たちが触れ合っている場面です。この場面はとてもみていてほっこりし、ニュートスキャマンダーの動物に対する愛情が伝わってきます。

3つ目は最後の戦いのシーンです。全員でグリンデルバルトに向かって反抗し、呪文を唱えるシーンはとても迫力があって見応えがあります。

今回の作品は日本の妖怪が出てくるなどたくさんのみるべきポイントがつまっているとおもいます。最後まで飽きず、まだまだ続きがきになる作品です。