ドラマ

神木龍之介演じる人の温かさを感じさせる感動作「3月のライオン」の感想

3月のライオン

複雑な人間関係の中で生きている我々は、とても繊細で少しの物事や他者からの何気ない言葉で様々な感情を抱き生きています。
人それぞれ孤独や悲しみを背負って生きているなかで、少しでも素晴らしい自分に出会いたいと思って日々もがいて苦しんで必死に生きています。
この映画は、人の温もりや日常で忘れてしまいそうになる周りにいてくれる人の大切さを主人公含め、登場人物たちが改めて思い出させてくれるような温かなストーリーです。
ふと日常で孤独を感じてしまったり、周りの人々の大切さを忘れがちになってしまっている人にぜひ、おすすめしたい映画です。


※この感想は書いて頂いたものになります。書いてくださった方ありがとうございました。

作品情報

主演 神木隆之介, 有村架純, 倉科カナ
監督 大友啓史

ストーリー&見どころ

中学生でプロ棋士としてデビューした桐山零は、東京の下町に一人で暮らしている。幼い頃に交通事故で家族を失い、父の友人である棋士の幸田に引き取られたが、自分のせいで幸田家に亀裂が入り、家を出るしかなかったからだ。深い孤独を抱えてすがりつくように将棋を指し続けていたある日、零は近隣の町に住む川本家の3姉妹と出会い、彼女たちとのにぎやかな食卓に居場所を見出していく。温かな支えを胸に、闘いへと飛び込む零。若手NO.1を決める新人戦、最高峰を決める師子王戦― それは、様々な人生を背負った棋士たちが、頭脳と肉体と精神のすべてを賭ける壮絶な闘いだった。

アマゾンより

「3月のライオン」のネタバレなしの感想

人の大切さ温かさ、問題や孤独、悲しみを抱えて生きているのは決して自分一人ではなく誰もが少なからずそのような感情を持って生きているんだと感じました。
周りの人々の温かさに触れて生きてくことができている、また強くなっていくこともできるんだと改めて実感させられました。
忘れかけてしまうようなことをこの映画を一本観た後で思い出せたような気がします。
自分の弱さを認めさらけ出し、その自分の弱さに立ち向かっていく主人公や周りのキャラクターに自分が重なり自然と涙がこぼれ落ちてしまいました。
私はこの映画を観て、自分に向き合い自分を支えてくれている大切な人々に改めてありがとうと言葉でも行動でも示していこうと思いました。
この素晴らしい映画はおすすめの映画です。




※ここからはネタバレありの感想になります。まだ見ていない人でネタバレはちょっと困るって方は見ないようにしてください。



「3月のライオン」のネタバレありの感想

主人公桐山零が、安井6段との対局に勝利し安井6段から不条理な怒り、憎しみのような感情を浴びせられ桐山零はとても強い絶望感を感じ自分には将棋しかないんだと一人空に叫ぶ姿は将棋で勝ち上がりそこでしか自分の価値を見い出すことができない自分に苦しんでいるようにも見えました。
桐山零がよくしてもらっている川本家のひなたが学校でいじめられている友達をかばうことで自分がいじめの標的になってしまうシーンはとても印象に残っています。
そんななかでも、自分のやったことは間違ってはいないと正面から立ち向かい周りの人々にも助けてもらうシーンは現代のいじめ問題についても考えさせられるシーンでした。
桐山零が強い不信感、対抗心を燃やす相手、後藤9段と対局し勝利するシーンでは将棋を通して様々な場面でも決して一人ではなく助けてくれる仲間、言葉が自分にはあるんだと思い返され主人公同様に観ているこちらも思わず涙を流してしまいます。
将棋で勝つこと、強くなることでしか生きることができず自分に価値を見い出すことができない少年の迷いながらそれでも周りにいる人の温かさに触れ、強くたくましくなっていく姿はとても感動的でとても心揺さぶられる映画です。心温まる、そして考えさせられるこの映画はとてもおすすめです。ぜひ、ご覧になってみてはいかがでしょうか?